ホームシアター、スピーカー入門!5.1chサラウンドシステムとは?


ホームシアターにおいて、スピーカー(音響システム)は、重要な要素ですが、
初心者にはあまり聞きなれない用語も多く、
スピーカーの配置や働きもわかりづらいものです。

まずは、
スピーカーの機材そのものよりも、
サラウンドシステムについて、知っておかねばなりません。

AVアンプの章でも書きましたが、
ホームシアターの音響システム5.1chが基本となります。
5.1chについては、次回で解説いたしますが、
5.1ch以上(7.1chや9.1chなど)を、サラウンドシステムと呼びます。

その名の通り、
視聴者の周りを取り囲むようにスピーカーを配置し、臨場感を増す効果をもたらします

テレビやステレオコンポのスピーカーは視聴者の前面からのみ音を出して、
2台のスピーカーで左右の動きを表現します。
これを、ステレオサウンドと呼びますが、

サラウンドシステムは、最低6台のスピーカーで前後左右の動きまで表現し、
まるで自分が映画の中の人物と同じ場所に立っているかのような気分にさせてくれます。

ホームシアターサラウンドシステムの記録方式は、大きく3種類に分かれます。

ドルビーサラウンドは、良く耳にされるかと思いますが、
これはドルビー社の方式で、他にDTS方式AAC方式が挙げられます。

と、言っても音響のデジタル信号を、
ブルーレイディスクやDVDなどに記録する場合のデータ圧縮の方式が違うだけで、
方式が違ってもAVアンプが解読し、同じように再生してくれるので、
気にする必要はないでしょう。



posted by ホームシアター入門 at | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX会社レバレッジ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。